留守にしている間に

リロケーションとは何か

リロケーションとは、転勤した人の留守にしている住宅を一定期間賃貸することを指しています。2000年以降、借地借家法が改正された際施行された「定期借家権」により、空いている家を一定期間のみ賃貸を行うことが可能になりました。その背景としては日本では欧米よりも「転勤後、定年後は元の家で暮らしたい」という願望が強い一方で、自分が住んでいない家の代金を払い続けるのも非常に不利益であるという考えが従来からあったからです。そこで不動産賃貸業者が中心となりリロケーション会社として業務を受け持つようになりました。今ではリロケーションのノウハウを積んだ業者も多くいることからも、リロケーションは一般的なものとなりつつあることが伺えます。

その利用方法についての説明

それではリロケーションの利用方法についてここでご紹介しておきます。まず普通の住宅にてリロケーションを行う場合は、オーナーと借主の間に仲介するような形で前述の不動産賃貸会社が仲介して取引を行っていきます。具体的にはオーナーから賃貸会社がその住宅を買い上げた上で、貸主として第三者に転貸するということです。そうすることによってオーナーと借主の2者で話を詰めてゆくよりも円滑に進んで行くというメリットがあります。またオーナーにはもう一つメリットがあります。それは住宅を管理する際に起こる様々なリスクを賃貸会社の方で受け持ってくれるということです。例えば家賃の催促や、ガス、水道のトラブル等が挙げられます。以上のようにリロケーションには様々なメリットがあり、今後ますます需要が伸びてゆくことが考えられるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加